お墓_IMAG_FLOWER

これからの時代に注目の永代供養墓

これからの時代に注目の永代供養墓

http://www.aviationworldservices.com/36.htmlにも書いてあるように、昔は先祖代々のお墓をその家を継ぐものが守っていくのが当たり前というのが常識でもありましたが、最近は事情が変わってきました。
子供の数も減っていき、家を継ぐという事柄が難しい時代になったことが1番の原因です。
長男長女同士の結婚も珍しくない今、双方のお墓を持たなければいけなくなる事態が出てきます。
実は我が家もその長男長女同士の結婚です。
主人の方は先にお墓を作ったため、現在は姑がその墓を守っています。
私自身も長女でおまけに一人っ子のため、両親はすでに他界していますがまだお墓を持っていません。
そして、我が家の子供は女の子のため、嫁に出る可能性も高いため、私の両親のお墓をどうしようか悩んでいます。
私が元気な間はお墓を作っても自分で守っていくことはできますが、私が亡くなった後のそのお墓は私の子供が見ていくことになります。
もちろん、主人の実家のお墓のこともありますから、その負担が私の子供にかかることになります。
子供も結婚した方のところで嫁ぐことになれば当然そのお家のお墓があるわけですし、難しい問題になります。
このような状況の中でお墓は作ってお参りしたいけど、自分がいなくなった後にお墓は荒れ放題になってしまうのは悲しいです。


自分が亡くなった後もお墓の管理をしてくれる永代供養墓というのが最近特に注目されています。
一般のお墓と違って、お寺が責任をもって毎月の供養からお盆や彼岸の供養などを行ってくれるため、お参りにいくことができなくなっても安心というわけです。
一般には永代供養墓は納骨堂に安置されますから、大勢のお骨と一緒になるわけですが、最近は一般のお墓のように個別のお墓という形態をとるケースで永代供養墓も存在します。
費用もタイプによってさまざまで、納骨堂に合同にお骨を収める場合は大変安くて済みます。
永代使用料と管理料の違いはこちらhttp://www.aviationworldservices.com/06.htmlに載っています。
先祖代々のお墓というのは大切なものですが、その家を継ぐものが少なくなってきている現在、このような考えは成り立たなくなっています。
実際に私のような長男長女同士の結婚でおまけに子供も女の子では跡継ぎなるものが存在しないことになります。
時々、誰もお参りせずに荒れ果てたお墓を目にすることがあります。
せっかく高いお金を払ってお墓を購入してもこのような状態になるのは悲しいことですから、これからは永代供養墓というお墓の在り方が注目されていくのは当然です。
私もお寺さんの方からこのような形で両親を供養んすることを勧められています。
仰る通りに理にかなっていると思います。

また愛犬のお墓などについてはhttp://xn--qckubrc3d4m.name/trouble.htmlを参考にご覧になってください。