お墓_IMAG_FLOWER

お墓参りの知っておきたいマナーと知識

お墓参りの知っておきたいマナーと知識

http://2006worldlacrosse.com/kai.htmlにも書いてあるように、日本人にとってお墓参りは先祖を敬う大事な行事の一つです。
最近は仕事などの関係から先祖のお墓になかなか行けないといったこともあるようですが、こんなときはぜひお墓へ行ってお参りしてください。
まずは命日です。
命日には個人が無くなった月日である祥月命日と、各月の亡くなったのと同じ日である月命日と言われる月忌があります。
月忌ごとにお墓に足を運ぶのはお墓から離れているところに住んでいる場合は負担になりますので、仏壇にお花やお供物をお供えするくらいでもいいでしょう。
祥月命日に関してはなくなった次の年の一周忌、の次の年からは数え年になるので2年目は三周忌、6年目の七周忌、12年目の十三周忌、十六年目の十七周忌、二十二年目の二十三周忌、二十四年目の二十五周忌、二十六年目の二十七周忌、三十二年目の三十三周忌には法要を行いましょう。
この中でも一周忌、三周忌、十三周忌、十七周忌、三十三周忌は墓前で法要を営みましょう。
詳しくはhttp://peppertreepalmsprings.com/quotations.htmlをご覧ください。
通常年忌では僧侶にお経を唱えてもらいます。
お経を唱える場所はお寺でも自宅でも構いませんが、墓地がお寺にあるのならお寺で法要を営んだ方が良いでしょう。
法要ではお墓に家族がそろってお参りをするからです。


その他にお墓参りを行うときといえばお盆とお彼岸ではないでしょうか。
お盆は先祖の霊がお墓から自宅に帰ってくる日と言われています。
日本の会社にはお盆休みがありますが、先祖を供養するための日です。
帰省したらまずはお墓参りと仏壇にお線香をあげてください。
お墓http://2006worldlacrosse.com/siyou.htmlには先祖はいないのですがお墓参りはします。
お盆は旧暦の7月15日に当たる中元節の日に行われていましたが現在では地域によって違いがあり、旧暦の7月15日、新暦の7月15日、新暦の8月15日、その他8月1日などに行うところがあります。
旧暦のお盆を旧盆と言いますが、新暦のお盆は新盆とは言いません。
新盆は初盆とも言われ初めてのお盆を差します。
また8月15日や16日に各地で火を焚く行事がありますが、お盆の送り火の行事です。
また、こちらのお墓の価値についても参考にご覧ください。
お彼岸は春の春分、秋の秋分の前後の期間を差します。 春分と秋分は太陽が真東から上り真西の沈むので西に沈む太陽を礼拝して極楽浄土に思いをはせたことから始まりです。
日本のお彼岸といえばご飯を丸め餡で包んだお菓子があります。
各地で呼び方が違うようですが、春は牡丹が咲くのでぼたんもち、秋は萩が咲くのでおはぎといいます。
ぼたんもちがぼたもちになったといわれます。

このような時にはぜひお墓にお参りに行きましょう。 また学資保険についてはhttp://xn--ruqz4zs43b2di.biz/manngaiti.htmlを参考にしてみましょう。